Ar:pieL - アルピエル 公式サイト

自由掲示板

無駄にこの世界を感じてみる。

暗屯子 (61.116.***.1)

投稿日18.12.07 02:12

コメント数0

閲覧数271

アリピエル世界の一日と言うか、星の動きと言うかについてです。
アルピエルの世界は1日が2時間で回っています。
空には、太陽と月?と思われる光源が存在し世界を挟んで存在しています。
そのため、放課後の後に日が沈み、月?が昇り、1時間後に月?が沈み日が昇ってきます。
影の位置を見ていると、ざっくりと時間も分かります。

ただし、学園と洞窟前などは時間帯が変わってきます。学園前は日の出が早く洞窟前はまだ夜だったりします。東西の概念があるのですね。逆に南北はほとんど感じません。影の位置からだとこの星の傾きは0度に見えるためかもしれません。

一番暗い時間は、黄昏時?逢魔時?トワイライト?のタイミングでこの時は影も出ませんが、夜の月は必ず太陽の反対に存在しておりやたら明るいので、魔道で出来た人工の星なのかも知れません。

あとは、各地の地図を見ると右上と左上に方角を示す様な物があります。
パスウェイの地図でも書かれているのですが微妙に傾いているのも謎ですね。

たまに水面に映る星を見ながら位置関係を想像して見るのもおもしろいものです。
他にも何か手がかりがあるなら教えてもらえればうれしいです。

コメント [0]

コメントを投稿するためにはログインが必要です。


ログインする