Ar:pieL - アルピエル 公式サイト

ユエ

 

 

プロフィール

「…我々は皆、定められた道を歩むだけだ」「私は…時々、怖い。記憶を取り戻すことで、ここでの日常が崩れてしまいそうで」

 

名前 ユエ CV みくみくみ
誕生日 7月7日 種族 ヘビ
血液型 B型 年齢
身長 172cm 体重 55kg
武器 ソード クラス 剣士
学科 探索科

 

謎に包まれた記憶喪失の少女。絶滅危惧種であるヘビの一族の末裔でもある。
何者かの襲撃により自分と同じく絶滅の危機に瀕していたイタチの一族を救おうと戦地に赴き、
そこでの戦いにより瀕死となった状態でアルピエル学園の教師たちに発見されたものの、その時にはすでに彼女の記憶は無かった。

 

覚えているのは、「ユエ」という言葉と自分がヘビである事のみ。
その後大陸を代表する偉大な賢者の一人「クロル」にアルピエル学園への入学を勧められ、
ヘビの一族のルーツに関する文献が残されている可能性のある学園に留まる事は自分にとっても役立つと考え入学を決意する。

 

あまり多くを語らない性格のため、入学動機について他人から質問されると
本当の事を隠して「私が決めた訳ではない」と返す。
近寄りがたい雰囲気だが、学友に冗談を言ったり意外と茶目っ気がある一面も。

 

教員からの評価

担当教員 ベントのコメント

 

普段は大雑把な行動が目立つが…実戦経験も多く、戦闘能力については俺も一目置いている。
不真面目な風を装い、我々からの評価をわざと下げようとしているように感じる。
面倒ごとを嫌う性格でもあり、自分の存在が学園外に漏れることを避けたいのかもしれないな。
座学においては錬金術や薬剤の調合に関する授業を熱心に受講している。
研究に興味があるのは意外だが関心が持てるな。
成績は悪くないが、問題があるのは性格だけ…というところか。

 

学園長代理 ロブのコメント

 

しばらくは本人がしたいようにさせておくのが良いじゃろうな。
彼女が何故この学園に入学する事を決めたのか…彼女は「定めに従ったのみ」と言うが、
その理由を自ら見つける事こそがユエにとって最も重要な課題ではないかのう。
この子は先生方が思う以上に寂しがり屋なのではないかの。どうか出来るだけ丁寧に接してあげておくれ。

それから、最近アンゴラ先生の倉庫から危険な薬草がごっそりなくなっているという噂が…
これについてはわしが改めて調査しておきましょう。

 

紹介動画