Ar:pieL - アルピエル 公式サイト

アルピエル学園の教師たち(2)

 

 

 

 

 

 

名前 アンゴラ・イルクイ CV 鵜澤宏明
誕生日 11月20日 種族 ヤギ
血液型 B型 年齢 33
身長 190cm 体重 103kg
担当授業 魔法生物学 / 魔物研究

 

新入生たちに事あるごとにちょっかいを出す嫌味っぽい性格の教師。
帝国内でも指折りの魔法生物学者と名高く、学園内の生物室にはアンゴラが収集したさまざまな生物の標本が保存されている。
ちなみに、彼自身もアルピエル学園の卒業生。当時は支援科に所属していたという事もあり、探索経験が乏しく戦闘は得意ではない。

 

主人公たちがアルピエル学園に入学するより前、アンゴラは探索科の教師としてブレイヴンたちの担任を務めていた。

そんな中でブレイヴン探索隊内でのいじめ事件が発覚した際に激怒したアンゴラが学園内でその事を告発したところ、

ブレイヴン以外の生徒の保護者達からひどい攻撃を受け探索科の担任から外されてしまったという経歴を持つ。

事件を知らない新入生からは苦手に思われがちだが、他の教師たちは彼を「少し不器用なだけで、誰よりも生徒思いな人」と評する者ばかり。

 

 

 

 

 

 

名前 ロビナイ・トリギス・アルロンソン CV 鵜澤宏明
誕生日 2月11日 種族 ウサギ
血液型 AB型 年齢 66歳
身長 140cm 体重 44kg
担当授業 歴史学

 

歴史の深いアルピエル学園の中でも最も高齢なウサギの先生。
時空崩壊当時の社会階級などを幅広く理解しており、世代や種族間の不和について誰よりも造詣が深い帝国最高の歴史学者である。
現在はアルピエルの学園長であるプラウドが学園を離れている為、彼が学園長代理として学園の責任者の立場を担っている。
学生たちは勿論のこと、個性派の先生たちに囲まれ日々悩みが尽きない。

 

「優れた探索者に最も必要なのは他者を思いやる優しさである」その言葉こそ彼の持論であるが、

実のところ、学園内で最も厳しい教師はロブ先生かもしれない…

 

 

 

 

 

 

名前 シャー・ミリアム CV 田中涼子
誕生日 8月7日 種族 シャム猫
血液型 O型 年齢 30歳
身長 162cm 体重 45kg
担当授業 地理・社会学 / 倫理学

 

学園の風紀を正す事に注力しているキャリアウーマン風の女教師。
担当授業の他にも、学生寮の割り当てや各生徒の探索先の管理など学園内の様々な事務仕事を請け負っている。
規律に厳しい性格と気丈な態度が相まって冷淡な人物に見えるが、実際は生徒想いの優しい教師。
それについてはアンゴラと似た部分があり、生徒に嫌われやすいアンゴラの言動をシャムが影でフォローする様子もしばしば見られる。

ただし彼女には学園内にもファンが多く、その点はアンゴラと決定的に異なっていると言えるだろう…

 

シャム自身はひた隠しにしているが、ウサギのマスコットが付いたペンを愛用していたりと、少し少女趣味な一面がある。

 

 

 

 

 

 

名前 ヤティリ・セルキスマン CV 田中涼子
誕生日 9月14日 種族 クモ
血液型 AB型 年齢 29歳
身長 170cm 体重 58kg
担当授業 無し(養護教諭)

 

ミステリアスでセクシーなクモ族の女性。いわゆる「保健室の先生」として、授業中に怪我をした生徒の治療などを行っている。

いつも無表情でどこかマネキンのような雰囲気があり、節足動物の特徴である関節肢も彼女の人形らしさをより一層際立たせている。

患者の身体に指先で触れるだけで病状を判別することができ、迅速な措置を行うことで有名。

指の神経が非常に敏感で、匂いなどの判別もすべて指先の触覚で行っているという噂も。

 

ちなみに、この世界にはクモの一族は腕が四本あるという伝承があるが、他者から見た彼女の身体には関節以外に変わったところは見られない。

…これが現実であるとはにわかに信じがたい、超ド級のダイナマイトグラマラスボディであることを除いては。